【ブログ初心者】飽き性の僕がブログを続ける為の3つの方法を教えます【ぼくたちは習慣で、できている。】

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

今回は習慣の力についてのお話です。

かれこれ約1ヶ月程飽き性の僕がブログを続けてこられたのはこのビジネス書を参考にしていたからだと思います。

続ける事が苦手な人の参考になればと思いますので是非最後までご覧ください。

自分はどうかと思う方はこちらもどうぞ

【ライフハック】あなたは大丈夫?継続出来ない人の特徴5つ【自己嫌悪】

それではいきましょう。

ぼくたちは習慣で、できている。

今回紹介する本はこちらの本です。


ぼくたちは習慣で、できている。

「ぼくたちは習慣で、できている。」

著者は佐々木典士さんです。作家であり、編集者であり、ミニマリストである佐々木さんは早起きや筋トレ、原稿を書くなどを習慣にする事を成功されています。

他の著書に「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」がありますので気になった方はどうぞ。

本書の構成ですが、この本は大きく4つの章から成り立っています。それぞれ「意志力の話」「習慣とは何か」「習慣を身につけるコツ」「努力とは才能とは」という人生を変化させる為に必要な要素を含むテーマを取り扱っています。

今回はこの中から「習慣とは何か」と「習慣を身につけるコツ」の章から自分が実際に意識している方法をピックアップして感想や体験も含めて紹介していきたいと思います。

習慣とは何か?

ではまず、習慣とは何だろうか?です。

僕たちは習慣にする事が大事と常日頃から思っているがそもそも習慣とは何か考えた事がある人はいますでしょうか。

著者の佐々木さんは習慣について

「習慣=ほとんど考えずにする行動」

と、説明します。

何かしらの選択に迫られている時にそれをどうするかという「悩み」や「決断」、そもそも「選択する」が習慣には無いのだと言います。

これは全て意識でする問題だからです。

たとえば、今朝出かける時に、左右どちらの靴から履いたか覚えている人はいますか?

大抵の人はこれを「無意識」で行っている為に「悩み」も「決断」も、「選択」も存在しないから覚えていないのです。

この無意識の決定、

つまり「ほとんど考えずにする行動」が

習慣なのです。

習慣を身につけるコツ

それでは次に習慣を身につける方法について見ていきます。

本書ではなんと50ものステップで習慣を身につける方法を紹介して一つ一つ解説してあります。

今回はその全てを紹介するのではなく、自分が取り組んで良かったと思えるものをピックアップしていくつか紹介したいと思います。

コツ①やめることを決める

人の1日は良いものであれ悪いものであれ、習慣でパツパツです。なので新しい習慣を1日のうちに入れるとなると古い習慣をまずはやめる事が必要であると佐々木さんは言います。

確かに1日の時間は24時間と決まっています。副業を始めようと行動したとしても急に1日の時間が増えることはありません。そこで習慣を身につける土壌を整備するように必要の無い時間を見つけてそれにかかる習慣を捨てていくんですね。これには納得です。

また佐々木さんは何が捨てるべき習慣なのかを見極める方法も解説しています。

それが以下の3つです。

  1. 自分の子どもに身につけて欲しくないもの
  2. 終わった後に、達成感ではなく後悔を覚えるもの
  3. 振り返った時に、大きな学びを得たと感じられないもの

佐々木さんはこの自問自答によりお酒の習慣をやめられたそうです。お酒は飲んでる瞬間は楽しいですが、翌日の規則正しい生活は失われます。佐々木さんはその後悔がどうしても多かったからきっぱりと辞めたようです。

コツ②とにかくハードルを下げる

やる気を出す為にはまず「始める」事が重要であり、この動き出しを良くする為にはとにかくハードルを下げる事が大切であると佐々木さんは言います。

車輪は回り始める時にいちばん大きな力が必要で、一度回転しさえすれば、それを続けるのに大きな力は必要ない、という例え話があるぐらい始めることは難しいとされてきました。

またコツ①と同様に下げるハードルの内容も紹介しています。それが以下の3種です。

  1. 距離と時間
  2. 手順
  3. 心理

まずは距離と時間のハードルですが、これは続けたい事があってもそれを実行するまでに距離と時間があっては動き出しにくいというもの。
ジムに通うのに片道1時間より5分の方が続けやすいですよね。

次に手順のハードルです。これはやりたい事を始める前の準備を出来るだけ簡素にするというものです。ジムに行く前にきついタイツにいちいち着替えるそんな事がそれだそうです。

最後に心理的なハードルですが、これは失敗を恐れる気持ちと言い直せるかもしれません。初めてジムにいって拙いフォームで筋トレをして笑われたらどうしようと心配することですね。

まずは以上の3種類のハードルを下げていくことが習慣化の近道です。

コツ③初期投資にお金をかける

あえて高いものを最初に買うという事は習慣化の為に役立つ事である著者は言います。

はじめにある程度の金額を掛けると、それをやらずに放置する事自体が、やらない事で払った金額が思う浮かぶという自分への「罰則」となるから習慣化に繋がりやすいという主張です。

著者自身クラシックギターを始める時に入門用の2~3万円のものでなく、いきなり6万円のギターを買ったと言います。

なかなか思いきってますよね。

実際に真似してみた

実際に僕もこの習慣化の方法を参考にこの3つを試してみました。

コツ①目的のない付き合いをやめた

僕の場合は、まず「目的もないような人付き合い」をきっぱりとやめるようにしました。

理由は佐々木さんの「お酒」と少し似ていますが、遊んでいる瞬間は楽しいですが、目的もなくダラダラと遊んでいると、時間の使い方として勿体無いと思ってしまう事があったからです。

ダラダラしている時間の分だけ何か他の事は出来なかっただろうかと遊びが終わってから考えてしまうのです。

この習慣をやめてから人との時間の為ではなく、自分の為の時間が増え生活に張りが出たと言えるようになりました。

コツ②失敗は成功の元と考えた

3種類のハードルがありますが僕が特に重視したのは「心理的ハードル」を下げる事です。

ブログ運営を始めた頃は記事の書き方も構成の組み方も分からず、どんな人がこの記事をどんな思いで読んでいるんだろうと考えて恥ずかしく思ったものです。

ですが、失敗は成功の元と考えを改めた事をきっかけに挑戦する事が楽になりました。

どうせ最初から出来る人なんていないし、誰も初心者の自分の事なんか見てないだろうと開き直ったとも言えます。笑

失敗した分だけやらない人より成長してると考えたら何かしら始めてみたくなりませんか?

コツ③有料サーバーで覚悟を決める

僕はブログを始める時に1年分のサーバー代を一括で支払い、1万円以上のお金を掛けてこのブログを開設しました。

結果は読んでくださってる皆様も分かるように目標である1日1記事をほぼほぼ達成しながらブログ記事を更新できています。

これはお金を払った分だけ頑張ろうという気持ちが乗った、貧乏根性のような考え方ですが効果が出ていると実感しています。

背水の陣や火事場の馬鹿力という言葉もありますが、人は現金なものでこれが1番簡単で効果がある方法なんじゃないかと思います。笑

まとめ

佐々木さん、ほんとありがとうございます。

この本で継続のコツを学ぶ事で筋トレや読書、さらにブログを習慣にでき、生活の質を上げる事が出来たと思います。

継続が苦手な人や習慣化したいけどどうすれば良いかわからないという人はまず、この記事の内容を実践してみてください。自分にハマるものがあればきっと生活は良い方向に進んでいきます。

もしブログに興味を持った方はこちらもどうぞ

【ブログ初心者】ブログ開設一週間の初心者が思うブログのメリット7つ【始めて良かった】

「私たちは繰り返し行っていることの結果である。だから、あらゆる偉業が行為ではなく、習慣によって成し遂げられる」-アリストテレス

習慣の力を手に入れ人生をより良いものにしていきましょう。

それでは、このへんで。

BOOK LIFE
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました