【時間術】成功したい?それならまずは法則を知ろう【善は急げ】

LIFE

こんにちは、Hisashiです。

今回は友達と7年前、8年前の懐かしい思い出話をしていて時間のついて考える機会があったのでそれについてまとめていきたいと思います。

1日は何時間?

はじめに、皆さんにお聞きしたい。

「自分にとって1日って何時間ですか?」

1日は24時間でみんな同じじゃんってそれは間違いではないです。

ただ今回は「自分が自由に使える時間って何時間ですか?」って事です。

学生であれば昼間は学校に行かなければならないし、主婦業の方であれば、家事に追われる時間があります。

この自分の役割に拘束されている時間を24時間の内から除いた本当に自由な時間が自分にとっての1日の時間です。

それを踏まえた上でもう一度、1日で自分が自由に使える時間っていったいどのくらいですか?

1日は24時間だが自分の時間は短い

たとえば学生の頃の自分なら、朝6ー8時に起床して18時まで大学、それから家に帰ると19ー20時で入浴や夕食などを行って、気が付くと21時。そして就寝時間が26時だから…

1日たった5時間。1日たったの5時間しかない。

あまりにも短すぎると思いませんか?

それにフルに5時間も好きなことに費やすなんてこと可能ですか?

きっと課題や問題を解決する時間に1時間や2時間費やしてしまうため実質使える時間は驚愕の3時間程度となるわけです。

24時間は一体どこへ消えてしまったのか…

1万時間の法則

続いて10000時間の法則をご存知でしょうか?

マルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で、偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など何かの分野で天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち込んできた時間が関係しているというもの。

何かに成功したいって人はコツコツとした積み重ねが必要であるという法則ですね。

成功するには何年?

これです。少し考えてみましょう。

例えば、どうしても叶えたいという夢があなたにあるとします。

しかしそれを達成するためには10000時間の努力が必要です。

しかし1日に使える時間は3時間程度です。

この自分の時間を全て使うとしてあなたの夢が叶うまで何年必要になるでしょうか。

1日3時間で10000時間なら約3333日必要です。

では3333日って何年?これは約10年と考えることが出来ます。

膨大な時間が必要ですね。

成功したいなら善は急げ

みなさん、お気づきでしょうか。

今やりたいことが見つかってその日から最速で行動したとしても夢が実現するかもしれないのは実行に移してから10年後の未来ということなんです。

学生が何か思い立ったとして始めたのが21歳ならば達成されるかもしれない時には31歳。

時間の流れはあっという間です。

自分のやりたいこと、夢の中には30歳までには達成したいと考えるものもあると思います。でも学生が今から始めても間に合わないかもしれない、というわけです。

だからこそ、成功したいなら「善は急げ」

人間は誰しもが生まれながらに死に向かっています。

明日から始めようなんて考えていたら、夢を叶える為の時間が足りなくなってしまうかも知れません!

成功者の多くは「今が一番若いのだ」と口を揃えてチャレンジを勧めます。

まずはこれに従い、自分がなし得たい事があるのであれば積極的に取り組んでみては如何でしょうか。

まとめ

時間は有限です。

そして過ぎてしまったら戻ってきません。

自分がまず何をやりたいか明確にして、目標として掲げ、毎日コツコツと少しずつ進んでいくことで夢や憧れを形にしていきましょう。

未来を見据え、今を生きることが大切です。

そして何か躊躇っている時間は勿体ない。どんどんチャレンジしていきましょう。


以上が成功と時間のまとめになります。

今回はいつもと記事の傾向が違いますが、少し前の自分がまとめていたものをご紹介しました。少しでも役に立てたら嬉しいです。

それでは、このへんで。

LIFE
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました