【貯金】家計簿って必要?家計簿歴5年の僕が思うメリット・デメリット【節約】

LIFE

こんにちは、Hisashiです。

今回はお金についてのお話です。

老後の資金や贅沢な旅行などの為にはお金を貯めていく必要があります。

でもお金を扱うのって難しいですよね。

お金が大切なのは分かるけど貯金や節約は何から始めれば良いか分からない。

そんな人のために、貯金の手助けとなる家計簿を5年継続してるの僕がメリットとデメリット、実際にやっている方法を交えながら紹介したいと思います。

是非参考にしてみてください。

家計簿とは

そもそも家計簿とは「家計における収入や支出などお金の流れを記入する帳簿のこと」です

帳簿と言っても実際に紙に記録する方法だけを指す訳でなく、家計簿アプリやエクセルを使ったデータとして記録する方法も含めます。

どちらにしても記録が出来れば問題ないので自分が続けやすい方法で取り組むのが良いと思います。

僕は家計簿を5年続けていますが、全て家計簿アプリで記録しています。この理由に関しても後ほど解説しますので是非最後までお付き合いください。

家計簿のメリット

それでは家計簿のメリットを見ていきましょう。

メリット①お金の流れが一目でわかる

メリット①はお金の流れが分かることです。

家計簿を付けることによって、今月は何にどれくらい使って、いくら収入があって、結局いくら手元に残ったのかが一目で分かるようになります。

1ヶ月分の食費がいくら掛かってるか調べたことはありますか?水道料金や電気代などの生活費はいくら支払ってるか把握できてますか?

たぶん全て把握するのは難しいと思います。

家計簿を付ければこれが一目で分かります。

メリット②お金に対する意識が変わる

メリット②はお金に意識が変わることです。

家計簿を付けてお金の流れが見えるようになると「これは必要な出費だったかな」とお金の使い方を改めることができます。

振り返りによってムダな出費か必要だったか考えるようになり、お金の対する意識が変わるのです。これが貯金で大切なことだと思います。

いくら収入が多くてもその分使っていたらお金は手元に残りませんよね。出費を減らしていく為にもこの意識は大事だと思います。

メリット③家計簿は楽しい

メリット③は家計簿は楽しいです。

家計簿の何が楽しいの?って思う方いるかと思いますが、これが意外にも楽しいんです。

家計簿では何月何日に何にいくら使ったと自分の行動を記録していきますので、日記代わりになります。

1ヶ月前にお寿司食べにいった記録があるとしましょう。すると自然に誰と何時に何処で何の為に行ったのか思い出されるのです。

「そういえば、退院祝いだったねー」と言うようにです。余裕があれば一言感想なんかも添えると立派な日記になるので面白いと思います。

他にも今月は貯金をいくらする事が出来た、とお金が増えていく様子が分かります。

お金が増えていくのって嬉しいですよね。家計簿を付けると、この増えていく様子がよく分かるので夜な夜なニヤニヤして楽しめます。笑

家計簿のデメリット

続いて家計簿のデメリットです。

デメリット①慣れるまで大変

デメリット①は慣れるまで大変という事です。

家計簿はお金を使う度に記録していかなければなりませんので一回一回記録と、慣れるまで面倒だったりします。

しかも支出や収入を記録して手元に残る純資産を出すまでに少なくとも1ヶ月は続けなければ効果は薄いのも大変なところですね。

デメリット②上手にまとめないとお金の動きが把握できない

デメリット②は上手にまとめないとお金の動きが把握できないです。

折角頑張って1ヶ月付けてみてもあまりに項目が多かったり金額の動きが激しかったりすると逆にお金の流れが把握し辛くなったりします。

頑張っても報われないのであれば継続するのも嫌になりますし悲しいですよね。

これに関しては後ほどおすすめの方法を紹介しますので参考にしていただければと思います。

実際にやってる家計簿の付け方

僕は家計簿を付け始めて5年ほどですが手元に残るお金を把握してますので、旅行などのご褒美に使いつつ貯金も問題なく出来ています。

それでは以上のメリット・デメリットを踏まえた上で実際に僕がやっている家計簿の仕方をコツも抑えつつ紹介します。

コツ①家計簿アプリを使用する

おすすめは家計簿アプリを利用する事です。

理由としては紙の家計簿は持ち運ぶのが面倒なのに比べ携帯のアプリならばどこにいても速攻で記録出来るからですね。

やり方は簡単です。支払いや収入があったその瞬間にアプリに記録するだけです。

間を置くと忘れたり溜まっちゃったりしてどんどん難しくなっていくので持ち運びができる携帯のアプリで動きがあった瞬間に記録をおすすめします。

ちなみに「こつこつ家計簿」というアプリを利用させていただいてます。シンプルイズベストで見やすく使いやすいです。

参考にこんな感じです

コツ②項目は最小限に

記録する際のコツに項目を最小限にする事をおすすめします。カテゴリーを広げすぎないってことですね。

例えば、水道料金、ガス代、電気代といった生活の関わるものは「生活費」としてまとめたりします。

実際に僕が使用しているのは

  • 飲食費
  • 通信費
  • 生活費
  • 学費
  • 交通費
  • 雑費
  • 交際費
  • 趣味

以上の8つですね。

これぐらいあれば大抵のお金をごちゃごちゃせずに割り振れると思います。

こんな具合にどれだけ使ってどれぐらい余ったか一目瞭然です。

コツ③気楽に大雑把に続ける

最後のコツは気楽に大雑把に続けるです。

途中で抜けが発覚して計算が合わないってなっても焦らなくても大丈夫です。そんな時は大体これぐらいだろうの精神で記録しましょう。

それじゃ正確な数字が出ない!という批判はあると思いますが、1ヶ月100円ずれたとしても1年の計算で見れば微々たるものですよね。

10万円、20万円のズレが出るなら記録を見直さなければとならないと思いますが、1000円2000円程度だったら許容範囲内だと思います。

長く続けてこそ効果が発揮するのが家計簿ですので、ハードルを低く低くするのが大切なのかなと思います。

まとめ

家計簿はお金の流れが一目で分かるので、ムダを減らし節約、貯金が出来るようになります。

続けるコツは出来るだけ、簡単に楽しくすることだと思います。

その為にも使いやすいアプリで気楽に記録していきましょう。


如何だったでしょうか。

少しでも参考になればと思います。

お金に関するおすすめの書籍はこちら

それでは、このへんで。

LIFE
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました