【ミステリー小説】マニアックさが光る!ミステリー小説紹介#2【紙と造形家】

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

今回もおすすめミステリー小説を紹介します。

是非見ていってください。

紙鑑定士の事件ファイル模型の家の殺人


【2020年・第18回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人 (『このミス』大賞シリーズ)

歌田年さんのミステリー小説、紙鑑定士の事件ファイル‐模型の家の殺人‐です。

2020年第18回「このミステリーがすごい!』大賞受賞作となっております。

まずタイトルから惹かれますよね。紙鑑定士とはなんぞや?と

それではあらすじです。

どんな紙でも見分けられる男・渡部が営む紙鑑定事務所。

ある日そこに「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした女性が、彼氏の浮気調査をしてほしいと訪ねてくる。手がかりはプラモデルの写真一枚だけ。

ダメ元で調査を始めた渡部は、伝説のプラモデル造形家・土生井と出会い、意外な真相にたどり着く。

さらに翌々日、行方不明の妹を捜す女性が、妹の部屋にあったジオラマを持って渡部を訪ねてくる。

土生井とともに調査を始めた渡部は、それが恐ろしい大量殺人計画を示唆していることを知り―。

「BOOK」データベースより

登場人物が濃いです。笑

タイトルにあるようにどんな紙でも見分けられる「紙鑑定士」と伝説の「プラモデル造形家」のコンビが物語の主人公になります。

この本、模型と紙を織り交ぜた事件が展開していくのですが、合間合間に入る紙とプラモデルに関する蘊蓄が読んでいてとても楽しい。そんな細かいところまで解説してくれるんだーと勉強になりました。笑 かなりマニアックです。しかも事件にしっかり絡んでくるのが魅力の一つでしょう。

また、この作品は是非電子書籍ではなく、紙の本で購入することをおすすめします。

自分もこれが理由で興味を持ったのですが、ページ毎に材質の異なる紙で作られているんです。かなり面白いですよね。実際に紙鑑定士が解説する紙を直に触りながら読むことが出来ます。

物語もテンポよく、気が付いたら読み終えていました。とても読みやすく面白い小説です。


如何だったでしょうか。

職業が魅力的なだけに是非続編も読んでみたい作品でした。

それでは、このへんで。

BOOK
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました