【感想】お嬢様x百合x格ゲー?!『対ありでした。お嬢様は格闘ゲームなんてしない』を読んでみた

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

今回は今話題沸騰中の漫画『対ありでした。』を読んでみたので感想などをまとめてみたいと思います。

格闘ゲームが分かる人は勿論やらない人でも楽しめるような熱い作品になっていましたので気になった方は是非読んでみてくださいね。

それではいきましょう。

対ありでした。お嬢様は格闘ゲームなんてしない

本作品はお嬢様学校を舞台に繰り広げられる格闘ゲーム漫画です。作者は江島絵理さん。月刊漫画雑誌『コミックフラッパー』で連載中ですね。

タイトルからすでに対戦ゲームでよく使われる言葉「対あり」をぶっ込んでいるあたり中々穏やかではないですね。ちなみに対ありとは、「対戦ありがとうございました」の略です。

物語は格闘ゲームをやめてお嬢様を目指す「綾」が学校一のお嬢様である「白百合さま」の格闘ゲームに夢中になっている姿を目撃したところから始まります。

以下KADOKAWAサイトの作品紹介です。

お嬢さま学校に入学した綾は袋ラーメンを愛する庶民。

そんな彼女は校内一のお嬢さま「白百合さま」に憧れていた。

ある日彼女は、「白百合さま」が対戦格闘ゲームに熱く興じているところを目撃する。

学内で格ゲーをしていることを口止めされた綾だったが、格ゲー特有のタコで経験者だとバレてしまい、綾は「白百合さま」から対戦を望まれるのであった。

お嬢さまたちの熱き格ゲーの幕開け!

KADOKAWAサイトより引用

格闘ゲームの”熱さ“を感じられる作品

ファイルーズあい&長江里加出演!お嬢さま×格ゲー!『対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』コミックス第①巻発売記念PV

現在対戦ゲームはE-sportsと呼ばれ、世界各地で高額の優勝賞金を掛けた大会が開かれるなど大きな盛り上がりを見せています。

大会の熱気は凄まじいもので素晴らしい試合が繰り広げられた後はスタンディングオベーションが起こる事もしばしば。

本作品はその対戦ゲームに掛けるプレイヤーの”熱気“をお嬢様を主人公によく表現されていて、格闘ゲームの知識が無くても楽しめる作品になっています。

勿論格闘ゲームをよく知っている人であれば随所にセリフで登場する「格闘ゲーム用語」やキャラクターの攻撃ポーズなどでニヤニヤされられますよ。

ただ格闘ゲーマーの習性を包み隠さず表現しているので場面によっては言葉遣いとかがかなり攻撃的だったりします。笑

でも安心してください。夢中になってるだけですので。

第1巻発売中!

2020年6月23日に第1巻が発売されました。

第2巻は同年12月発売予定です。

綾と白百合さまの関係や今後の展開など気になるところが盛り沢山ですが、楽しみに待ちましょう。

まとめ

以上『対ありでした。』の紹介でした。

同時期に連載スタートした問題作『ゲーミングお嬢様』に比べてかなりマイルドな格闘ゲーム漫画になっていますので是非読んでみてください。

綺麗な線で描かれた可愛いお嬢様達が格闘ゲームを始めた途端に狂戦士へと豹変するそのギャップがとても面白い作品です。

格闘ゲームに興味を持ったら実際にプレイしてみたらお嬢様の気持ちが少しは分かるかも?

それでは、このへんで。


【関連漫画】

E-sportsに興味を持った方におすすめの格闘ゲーム漫画も紹介しておきます。

プロゲーマーに迫った漫画となっていますので気になる方は是非こちらからどうぞ。

BOOK
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました