【ホラー小説】貴志祐介さんの『天使の囀り』がグロ不気味で最高な件について【ネタバレなし】

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

最近ホラー系の作品のハマっているのですが、ホラー小説といえばこれ!ということで紹介してもらったこの小説。

貴志祐介さんの『天使の囀り』

を読んでみました。

理解不能な登場人物たちの行動と原因不明の登場人物たちの変化がとても不気味な雰囲気を放っており、凄く引き込まれる様な作品でとても好みの小説でした。

今回は作品の紹介と僕の感想をまとめてみようと思いますので気になった方は是非一度読んでみてくださいね。

それではいってみましょう。

『天使の囀り』


天使の囀り (角川ホラー文庫)

まずはあらすじです。

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

「BOOK」データベースより

予測不可能な展開に思わずゾゾっとすることでしょう。

ホラー小説でありながら徐々に謎に迫っていくその過程はミステリー小説としての楽しみも感じさせてくれ、一度で二度美味しい作品です。

著者:貴志祐介

著者はホラー、ミステリー、SF小説作家として活躍されている貴志祐介さんです。

貴志祐介さんの作品は映画化やドラマ化、漫画やアニメにもなっておるものが多いので一度は目にした事があるのではないでしょうか。

代表的な人気の作品に「黒い家」「新世界より」「悪の教典」などがあります。

本書の魅力

この写真も読後は少し気持ち悪く感じます

本書の魅力はズバリ

『得体の知れない恐怖感と不気味さ』

でしょう。

異常な方法で自殺していく登場人物たちや死の直前の聴こえる天使の囀りと思わしき謎の声など不可解な現象が次々と起こり始める展開に得体の知れない恐怖感が感じられます。

「一体…何が起こっているんだ…」と思わず言ってしまうような異様な展開に恐怖心を感じつつも引き込まれること間違いなしです。

また主にホスピスで終末期医療に携わる精神科医の北島早苗の視点で繰り広げられていくこの物語は、『死』との距離が近く、最初から最後まで暗く不気味な雰囲気が作品からします。

ホラー小説に興味がありこの不気味な雰囲気と得体の知れない恐怖を感じたいと思う方は是非一度読んでみることをおすすめします。

恐怖の根幹に迫っていくその様子がとても面白く、作品の厚さに比べてささっと読めてしまいますよ。

ただ一部若干グロテスクなシーンがあるのでそういったものが苦手な人は注意が必要かも知れませんね。

まぁその気持ち悪さも魅力ですが。

まとめ

恐怖度3.8

以上が貴志祐介さんの『天使の囀り』の紹介でした。

個人的にホラー小説としてもミステリー小説として楽しむことが出来たのでとても満足した一冊です。

ホラー作品が好きな方、興味がある方は是非一度読んでみてください。

ちなみに主人公の最後の行動はあり派です。

それでは、このへんで。

BOOK
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました