【読書術】読書のモチベーションを上げる簡単な3つの方法

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

読書は楽しいだけでなく沢山のメリットがあることは有名な話だと思います。

だからといって一生懸命読書を習慣にしようとして取り組んでも習慣になるまで継続することは難しくていつの間にか全然読まなくなったという方は少なくないはず。

僕も大学に入る前は全く読書をしてこなかった人なのでモチベーションが上がらずに面倒だなーと思う気持ちも分かります。

今回は元々読書モチベが低かった僕が積極的に読書をしようと思えるきっかけになった3つの方法を紹介したいと思います。

是非習慣にしたいという方は簡単な方法なので参考にしてみてください。

それではいきましょう。

①読書のメリットを知る

読書には沢山のメリットが存在します。

文章力や読解力の向上、知識が増える、視野が増える、教養を得られる、ストレス解消になるなど様々な効果があります。

まずはこのメリットを出来るだけ把握しましょう。

メリットを把握することで自分が頑張っている読書が自分の成長に繋がっていると意識出来るので自然と頑張ろうという気持ちが湧き上がってきます。

僕はモチベーションが落ちてきて「面倒かも…」と思い出したらちょこっとこの読書のメリットを調べてやる気を出すようにしてます。

メリット→読書→メリット→読書→メリット…というように繰り返し繰り返し意識させていくとモチベーションを維持しやすいのでおすすめです。

②好きな本、興味のある本を読む

自己成長を目標にしているようなストイックな人はあえて難しい本を選んでしまいがちです。

難しい本を読むことは成長に繋がりやすいですがこれを繰り返し続けると窮屈ですし疲れてしまいます。

これのせいで読書自体を楽しめず、どんどんとモチベーションが下がることになってしまうので注意が必要です。

難しい本を読んで勉強した後は気楽に自分の好きな本や興味がある本を読んで読書を楽しむようにしましょう。

漫画でもエッセイでも写真集でも何でも良いので好きな本を選びましょう。

僕自身はミステリー小説を読んで『読書って面白い!楽しい!』と感じてから一気に読書量が増えました。

特に綾辻行人氏の『館シリーズ』の様な叙述式の小説は本ならではの面白さが出ているのでおすすめです。

③読んだ本を人に紹介してみる

折角の読書をするからには最大限の効果を感じられる様に読書をしましょう。

最大限の効果を感じる読書とは『自分の知識として定着して考え方や行動に良い影響を与えてくれるきっかけとなる読書』です。

読書で得た知識を活用しないで自分の中だけに留めておくことはもう読んでいないとほぼ同じ事です。

読んだからにはどんどんとアウトプットして本の力を広めていきましょう。

前置きが長くなりましたがこのアウトプットの際におすすめの方法が『人に紹介する』ということです。

人に紹介するということは本の内容を詳しく理解していなければいけませんし記憶に定着していなければ出来ないことです。

なのでたったこれだけで読書をする際の意識が変わって集中でき読書の効果を最大限獲得しやすくなるのでおすすめです。

また読書をしているというアピールも出来てちょっとした優越感も得られるのでそれもモチベーションアップに繋がります。

頑張っている自分を周りの人に認識て貰えるということはとても気持ちが良いことなので是非試してみてください。

まとめ

以上が読書のモチベーションを上げる3つの方法でした。

まとめると以下の通りです。

  1. 読書のメリットを知る
  2. 好きな本、興味のある本を読む
  3. 読んだ本を人に紹介してみる

どれもすぐに始められる簡単な方法なので是非試してみてください。

特に最近読書が捗らないという方やこれから読書を頑張ってみようかなと思う方におすすめです。

「新しいページを読むごとに、僕は一そう豊かになり、強くなり、高まって行ったのです!」-チェーホフ名言

皆んなで読書を愉しみましょう。

それでは、このへんで。

BOOK
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました