【読書法】あなたはどっち派?電子書籍と紙の本のメリットまとめ

BOOK

こんにちは、Hisashiです。

今回は読書するときの悩み、電子書籍と紙の本は結局どちらの方がいいのか問題についてのお話です。

読書好きの僕はどちらも使う様にしています。そこで両方使ってみた感想を混じえながらメリットを紹介したいと思います。

読書を習慣にしたいけど、どっちが良いんだろう?と悩んでいる人の参考になれば幸いです。

それでは、いきましょう。

電子書籍のメリット

それではまず、電子書籍側のメリットをまとめていきましょう。

①持ち運びが楽

メリット①は『持ち運びが楽』です。

電子書籍なら端末1つでデータとして何冊もの本を持ち歩く事が可能なので非常に荷物が軽く済みます。これが持ち運びが楽な理由です。

電子書籍の優れている点として真っ先にこれが挙がるでしょう。読書する時って起床後や就寝前の家でする時もありますが、よく隙間時間を利用するのが大切だと言われたりもします。

隙間時間とは例えば、通勤途中の電車の中だったり、お客さんに会う前の休憩時間だったりの空いた時間の事です。

そんな時間の読もうと思ったら本を持ち運ばなきゃならないんですが、結構本って重いですよね?読み終わりそうな本があると2冊目も持ち歩く必要がありますが電子書籍なら何冊持ち歩いても重さは変わりませんよ。

②紙の本より安く買える

メリット②は『紙の本より安く買える』です。

紙の本で新刊を買っていると意外とお金が掛かったりしますよね。電子書籍なら買いたい本が新刊でも安く買えたりします。

例えば先日紹介したtestosterone氏の「筋トレは最強のソリューションである」は紙の本で買うと1300円ですが、電子書籍だと1100円です。

この本に関しては200円ほど安く買えますが、この差額を積み重ねると10冊で2000円浮きます。電子書籍なら同じ1冊多く買える計算ですね。本を多く読む人は電子書籍が良いでしょう。

しかも本によりますが無料で読めるものもあります。それについては「Amazonプライム」の特典の一つである「プライムリーディング」を活用するのがおすすめです。雑誌や漫画、ビジネス書など様々な本が無料で読めますよ。

興味ある方は是非こちらからどうぞ。

Amazonプライム会員【30日間無料体験】

③読みたい本がすぐ読める

メリット③は「読みたい本がすぐ読める』です。

これは電子書籍ならではの本の購入の仕方に秘密があります。電子書籍では読みたい本を自宅からオンラインサービスを利用して買うので、まず買いに行く時間と労力が必要ありません。

そして購入後本をダウンロードするだけなので注文後すぐに読むことが出来ます。ネットで紙の本を買うと送られてくるまでに何日も掛かりますし、お店に行っても読みたい本を探す手間がありますよね。この時間が節約できます。

読みたい本が見つかっても読むまでに時間が掛かるとやる気も削がれてしまいます。読書で自分を成長させたいならばすぐに読める電子書籍がおすすめです。

④保管場所に困らない

メリット④は『保管場所に困らない』です。

紙の本だとどうしても場所をとります。部屋に置いていても、本棚からはみ出て物置の片付けるか売るかしないといけなくなりまが、電子書籍なら何冊読もうが、たとえ10000冊読もうが関係ありません。全ては電子書籍1台で管理できます。

これは読書好きにとっては素晴らしいメリットだと思います。僕は「週刊少年ジャンプ」が好きで毎週買ってたのですが気がついたら部屋に山が出来てて困ったことがあります。

片付けたり売ったりした本はもう一度読もうと思っても簡単には読めませんが、電子書籍なら直ぐに読めます。読書量が多い方は感動すると思いますよ。

紙の本のメリット

つづいて、紙の本のメリットをまとめていきます。

①記憶に残りやすい

メリット①は『記憶に残りやすい』です。

紙の本ならではの利点として実際に本に触れる事が挙げられます。実際に本に触れる事で、自分の手で線を引けたり、付箋を貼れたり、ページの角を折ったりして大事な所を記憶しやすいのです。

記憶するための方法として五感で記憶するなんて方法があります。たとえば、旅行先で町並みをゆったりと眺めるよりは、ご当地の名産品を食べながらのほうが思い出しやすかったりします。

読書も同じで実際に触った手の感覚やページをめくる音と本の匂いなど、五感を刺激するので記憶に残りやすいのです。

②全体を大雑把に読める

メリット②は『全体を大雑把に読める』です。

大雑把に読めるとは、好きなページを開きやすいとかパラパラと流し読みが出来るという事です。紙の本ならではの読みやすさと言っても良いでしょう。

目当てのページがあるならば紙の本が直感的に開けるので使いやすくおすすめです。最初から順番に読む人もいるとはい思いますが、僕の場合、目次を見て気になった所を先に読んでから補足する様に全体を読んでいきます。

飛ばし読みなど特定のページを直ぐに読みたいと思う本は紙の本の方が良いと言えます。

③本棚に並べられる

メリット③は『本棚に並べられる』です。

紙の本という実物があるからこそ得られる感覚が読書を楽しいものにします。

本棚に並べられるのは紙の本ならではです。並べて背表紙を眺めるとどんな本だったか思い出され、記憶が深まります。思い出せない本があればパッととってパラパラとめくるのも楽しいです。

他にもこんなにも自分は読んできたのかと本棚に並んでいる本を眺めて嬉しくなります。コレクションとして集めた感覚と同じ様な感覚かもしれません。

まとめ

如何だったでしょうか。

結論は『どちらも良いものだから用途に合わせて使い分けよう』です。

電子書籍も紙の本もどちらも優れたものです。どちらも使ってみて自分に合った方を選ぶと良いと思います。

僕の場合は小説など娯楽的なものは電子書籍で買って、ビジネス書など勉強に使うものは紙の本で買ったりしています。

ちなみに自分が使ってるのは『Amazon fire8』です。Amazonプライム会員ならば動画も観れるし読み放題サービスも使えるので快適ですよ。

使い分けて楽しい読書生活を送りましょう。

それでは、このへんで。

BOOK
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました