【筋トレ】本格的に筋トレをするならジムに行こう!ジムのメリット・デメリットまとめ

WORKOUT

こんにちは、Hisashiです。

今回は家トレだけでは物足りなくなった筋トレファンに向けてジムのメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

ちなみ僕は筋トレをする際はジムに通うようにしています。ジムだと自宅と比べて集中力と達成感が全然違うのでおすすめです。

この記事はジムに行こうかどうしようか迷っている方の参考になればと思います。僕的にはとりあえず行ってみて合わなかったら辞めるのが正解な気がします。

それではいきましょう。

ジムのメリット

まずはジムのメリットから見ていきましょう。

メリット①圧倒的なトレーニング器具

メリット①は『圧倒的なトレーニング器具』です。

自宅トレでは扱えないような重量や家には置けない筋トレマシンが圧倒的なまでにジムには置いてあります。しかもそれが使いたい放題なので様々なトレーニングで色々な部位を追い込むことができます。

筋トレBIG3と呼ばれる、これさえやっておけば間違い無い筋トレ種目もジムならではの高重量を利用したトレーニングです。身体を大きくするのではあれば高重量を扱えるジムに通うことをおすすめします。ちなみにBIG3とはベンチプレス、デッドリフト、スクワットの3種目の事です。

他にも狙った部位を効果的に鍛えることのできる筋トレマシンも豊富です。特に筋トレ初心者の場合はマシンを使用したトレーニングであれば怪我もしにくく、安全なので安心です。使い方もマシンに載っている場合が多いので見たことのないマシンであっても大丈夫なのが嬉しいところですね。

メリット②達成感と爽快感が段違い

メリット②は『達成感と爽快感が段違い』です。

自宅トレと比べてジムで扱う重量はとても大きいものです。この高重量を持ち上げた時なんかが最高に気持ちが良いんです。

しかも鍛えれば鍛えるほど筋肉は大きくなっていくので自分が扱う重量もそれに比例してどんどんと重くなっていきます。今まで自分が扱えなかった重量を上げた時の達成感は「筋トレしていて良かった」と思わされる程です。

過去の自分を超えたという達成感は格別ですし、そんな目標に向かってひたすらに努力した後の清々しさや爽快感も自宅トレでは味わえない程大きなものです。普段持ち上げる事のない非日常的重さを体験してみてはどうでしょうか。きっとハマる事間違いなしです。

メリット③やる気と集中力が湧いてくる

メリット③は『やる気と集中力が湧いてくる』です。

個人的にジムで筋トレするのが好きな理由の一つがこれです。自宅では集中出来なくてすぐ他の事を始めてしまいがちですが、ジムならば折角きたしやろう!と集中出来ます。自分に甘い方に特におすすめです。わざと逃げ場の無い環境を作る上でジムは持ってこいの場所なのです。

またジムには圧倒的な数の器具やマシンがある上に筋肉盛り盛りのマッチョマンやスタイル抜群のマッチョウーメンがいるのでモチベーションが上がります。こんな人たちみたいになりたいと思ったら、あとはそこを目指して頑張っていきましょう。目標となる人が近くで一生懸命にやっている光景はやる気が湧きますよ。

しかも大抵高いモチベーションで筋トレをしているので、大体同じ時間にジムに居がちです。「今日もあの人頑張ってる。負けてられないぞ。」と負けん気から頑張れたりもします。

メリット④ジム仲間が出来る

メリット④は『ジム仲間が出来る』です。

ジムでは筋トレによって良い身体を作ろうと同じ目標に向かって頑張っている人達が大勢います。話しかけるのは勇気が入りますが、通っていれば顔馴染みにもなりますのできっかけがあれば自然と同じ目標を掲げた同志としてジム仲間は増えていきますよ。

ジム仲間が出来るとジムに通うのも楽しくなりますし困っていることも相談し合えます。仕事仲間や友人とはまた違った趣味仲間という関係なので逆に話しやすかったりするのも良いですね。

中には一人で黙々と集中したいという人もいるかと思いますが、一人より仲間同士で楽しく筋トレしたいという人には嬉しいポイントです。

メリット⑤トレーナーさんに相談できる

メリット⑤は『トレーナーさんに相談できる』です。

マンツーマンのパーソナルトレーニングでなくてもジムによってはトレーナーさんの指導を受ける事が出来ます。

筋トレ初心者であっても器具の扱い方やおすすめのトレーニングなどを教えてもらえるので自分一人でやるより安全で効果的です。大きな重量を見様見真似で扱うと怪我をする危険がありますので相談できるのは有り難いですね。

他には自分の為の筋トレプランを作成してもらうこともできます。身体能力や目標に沿って専門家のトレーナーさんがメニューを作成してくれるので何をしたら良いか分からない初心者の方はまずは相談することをおすすめします。

ジムのデメリット

続いてジムのデメリットについてです。

デメリット①お金が掛かる

デメリット①は『お金が掛かる』です。

何と言っても問題なのがこれでしょう。豊富な機材とトレーナーさんがいる反面どうしてもお金は掛かります。場所やサービスによって料金は全然違いますので通いやすいところを選びましょう。

1ヶ月あたり
高級ジム8000〜10000円
中堅ジム5000〜8000円
公営ジム3000〜5000円

大体このくらいは1ヶ月の使用料金としてとられます。ジムよっては時間などの制限を設けて安く利用できるプランもあるので行くまでに調べておくと良いと思いますよ。

同じ料金で自宅用のトレーニンググッズは揃えられますのでそちらから入るのもありです。

デメリット②移動時間が掛かる

デメリット②は『移動時間が掛かる』です。

住んでいる地域や環境にもよりますが、ジムに行くまでの時間がどうしても掛かります。

ジムまで片道30分だとしてもトレーニングして帰ってくると大体3時間程度は必要となります。3時間って結構大きな時間です。この移動時間1時間あれば自宅ならそれなりにトレーニングが出来ますから考えどころですね。

家の近くのジムを選ぶとこの問題は解決しますのでまずは近場にないか探してみてくださいね。

まとめ

以上がジムで筋トレをするメリットとデメリットになります。

個人的にジムは楽しいので余裕がある方は是非一度行ってみてください。一日体験なんかも多くのジムでやってるので活用することをおすすめします。公営のジムならば一回300円程度で利用出来るので気軽に使えますよ。

結論としては「自分の筋トレ目標によって自宅とジムで向いてる方を選べば良い」と思います。

身体を大きくしたい人や自宅トレでは物足りなくなった人はジムに向いている人かと思いますのでチャレンジしてみてください。

筋トレで楽しい一日を過ごしましょう。

それでは、このへんで。


おすすめのアイテムも紹介していますのでジムトレが気になった方はこちらもどうぞ。

WORKOUT
Hisashiをフォローする
この記事を書いた人
Hisashi

主にゲーム、筋トレ、読書を愛する20代サラリーマンブロガーです。

2020年5月より「HisashiGames」を運営中。

このブログでは新作のゲーム情報やレビュー、おすすめの筋トレアイテムや効率の良い筋トレ方法、ビジネス書の書評など実生活を通して得たおすすめ情報を幅広く紹介していきます。

読んでいただいた方の『生活がより楽しくなる』をモットーに更新していきますので是非見ていってください。

Hisashiをフォローする
Hisashi Games

コメント

タイトルとURLをコピーしました